初優勝 川崎フロンターレ 2018 新ユニフォーム

川崎フロンターレ-クラブエンブレム


主な更新履歴
18/06/25 - リミテッド
18/03/28 - 鎖骨スポンサー
18/02/01 - ACLアウェイ
18/01/22 - ACLホームスポンサー決定
18/01/09 - 背中裾スポンサー
17/12/02 - ホーム,アウェイ,キーパー


12月02日、最終節で逆転優勝を果たしクラブ初タイトルを獲得した川崎フロンターレが試合開始前に2018シーズン新ホーム&アウェイ(1st&2nd)とキーパーユニフォームを発表した。サプライヤーはウルグアイ代表スイス代表などと同じ「Puma」。

関連記事


スポンサーリンク


川崎フロンターレ 2018 ホームユニフォーム




ホームモデルは2001~2010年に使われていた懐かしの水色と黒のツートンカラー。ボディには薄くストライプが配され、クールネックを採用した。




  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ホーム
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ホーム
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ホーム-谷口彰悟





スポンサーリンク


01/09追記


9日、株式会社富士通エフサスが2018シーズンのユニフォーム背中下部のスポンサーになる事が富士通エフサス公式サイトにより発表された。

富士通エフサスは富士通のグループ会社で情報システムの企画や導入、保守などを行っている。富士通エフサスは1998年~2004年まで背中上部に広告を提出、その後はオフィシャルスポンサーとしてクラブを支援をしてきた。ユニフォームスポンサーとなるは14年ぶりとなっている。




川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ホーム-富士通エフサス

01/21追記


1月21日、クラブは2018シーズンのユニフォームスポンサーを発表した。今季から認められた鎖骨スポンサーは今現在なし、背中裾スポンサーが「ニフティ」から「富士通エフサス」に、アウェイの胸スポンサー表記が「arrows」から「FUJITSU」となった。

スポンサーは以下の通り
箇所スポンサー名表記業種など
富士通・FUJITSU・電気機器
鎖骨富士通ビー・エス・シー・富士通ビー・エス・シー・ICT企業
背中上SMBC日興証券・SMBC日興証券・証券、商品先物取引業
背中下富士通エフサス・富士通エフサス・情報システムの企画や導入など
富士通マーケティング・富士通マーケティング・システムインテグレーター
パンツPFU・PFU・システムインテグレーター




03/28追記


27日、クラブは今季から解禁された鎖骨スポンサーとして株式会社富士通ビー・エス・シーと契約を結んだ事を発表。

富士通ビー・エス・シーは富士通グループ会社のICT企業でクラブ創設時からオフィシャルスポンサーを務めてきたが今季はユニフォームスポンサーとして支援する事となった。表記は「富士通ビー・エス・シー」で鎖骨右に提出される。




  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ホーム-谷口彰悟
  • 株式会社富士通ビー・エス・シー


川崎フロンターレ 2018 アウェイユニフォーム




アウェイはホームの色違いで白基調。




  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-アウェイ
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-アウェイ
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-アウェイ-登里享平


川崎フロンターレ 2018 ゴールキーパーユニフォーム




ゴールキーパーは緑基調のモデルが明らかになっている。




  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ゴールキーパー
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ゴールキーパー


川崎フロンターレ 2018 ACLホーム&アウェイユニフォーム




1月21日、ACLホームモデルを発表。胸や袖部分に黒を胸から下にはサックスブルーを使ったデザイン。ピンボーダーを5本、前面に備え、胸中央に日本国旗を配している。

アウェイはホームの色違いで白基調。アクセントにはサックスブルーを使用した。




  • Home
    川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ACL-ホーム
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ACL-ホーム
  • Away
    川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-ACL-アウェイ


川崎フロンターレ 2018 リミテッドユニフォーム




6月25日、クラブは夏季限定で着用されるリミテッドユニフォームを発表。デザインは黒基調で差し色にクラブカラーのフロンターレブルーを使用。

ランダムに配置されたナンバーグラフィックの中にクラブとって特別な4つの数字、「1955(母体クラブ創設年)」、「1997(現クラブ名決定年)」、「2017(リーグ初タイトル獲得年)」、「12(サポーター)」をモチーフにしたグラフィックを備えている。

このモデルは以下のホームゲーム2試合で着用予定。

・横浜F・マリノス戦(8/5)
・サガン鳥戦(8/15)




  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-リミテッド
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-リミテッド
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-リミテッド
  • 川崎フロンターレ 2018 ユニフォーム-リミテッド-ゴールキーパー

限定ACLGAH