ガンバ大阪 2018 ユニフォーム 矢絣柄と赤ラインが入ったデザイン

ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-1st


主な更新履歴
18/07/14 - GAMBA EXPO 2018 記念
18/01/20 - ホームアウェイキーパー


1月20日、J1所属ガンバ大阪が2018シーズン新ホーム,アウェイ(1st&2nd)ユニフォームを発表した。サプライヤーはFC東京などと同じ「Umbro」。

箇所スポンサー名表記業種など
パナソニック・Panasonic・電気機器
鎖骨ダイセル・DAICEL・化学品メーカー
背中上ロート製薬・ROHTO・医薬品
背中下シップヘルスケアホールディングス・SHIP HEALTHCARE・医療介護
大建工業・DAIKEN・住宅用建材
パンツ東洋ゴム工業・TOYOTIRES・ゴム製品

関連記事


スポンサーリンク




ガンバ大阪 2018 ホームユニフォーム




新ユニフォームは伝統の青黒の縦縞でストライプ内には関西の伝統柄「矢絣(やがすり)」に触発されたグラフィックを配置。

2014モデル以来となる赤を使ったラインが入った。右胸鎖骨部分には新スポンサー「ダイセル」のロゴが入り、アンブロロゴは中央に配されている。




  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-1st
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-1st
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-1st
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-1st


スポンサーリンク


ガンバ大阪 2018 アウェイユニフォーム




アウェイは「矢絣柄」をモチーフにしたグラフィックをバイアス表現し、重厚感に加え軽快さをイメージした。




ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-2nd

  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-2nd
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-2nd
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-2nd
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-FP-2nd


ガンバ大阪 2018 ゴールキーパーユニフォーム




ゴールキーパーは1stが赤、2ndに緑、3rdにはネイビーを採用。




  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-GK
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-GK
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-GK


ガンバ大阪 2018 太陽の塔ユニフォーム




ガンバ大阪は昨季に続き、J1リーグ第28節サンフレッチェ広島戦(9/28or29)において「太陽の塔」、「大阪府」と協力して「GAMBA EXPO 2018」開催する。

7月14日、クラブはこの試合で着用する「GAMBA EXPO 2018 記念ユニフォーム」と「来場者全員配布オリジナルユニフォームシャツ」のデザインを発表した。

昨季は太陽の塔の外観を取り入れたデザインだったが、今季は内部をフィーチャー。前面には「生物の進化過程を表現した生命の樹」と「未来への空間」を、背中には「第4の顔である地底の太陽」、「進化の過程で現れる恐竜」。そしてフィールドプレーヤーモデルの袖には赤と青の否妻と内側から見た太陽の塔の腕部分を透かしで配置。色はフィールドプレーヤーが黒でキーパーには黄色を採用した。

来場者に配布されるユニフォームシャツは選手着用モデルに近いデザインとなっている。




FP
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-太陽の塔
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-太陽の塔


GK
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-太陽の塔-GK
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォーム-太陽の塔-GK


来場者配布オリジナルユニフォームシャツ
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォームシャツ-太陽の塔
  • ガンバ大阪 2018 ユニフォームシャツ-太陽の塔

太陽GAH